こんにちは♪お久しぶりです。サックス講師の山﨑ユリエです。
だいぶ寒くなってきましたね〜。
寒い季節は本当に苦手で出来ることなら冬眠していたい今日この頃ですが…(T T)
最大限の厚着をし頑張って過ごしております!!!みなさんも風邪などひかずお元気でしょうか?

さてさて、寒い季節にサックスを吹く時に楽器が驚くほど冷たい状態になっていることってありませんか?
冷え切ったまま吹いていると あれ?なんだかいつもと違うんだけど!と感じる方も少なくないのではないのでは…。
ご存知の方も多いかとは思いますが、楽器は気温が低いところで吹いたり楽器自体かなり冷えている状態ですと音程が下がるのです。

寒い時期にチューニングがなかなか合わない原因の一つは楽器の冷えにあったのです。

まずしっかり息を吹き込んで楽器を温めてあげる必要があります。
その際に低いBやBbでウォームアップすると管が長い状態でしっかり奥まで息が行き届きます。
サックスに少し生命が宿っていくようでこの工程もとっても好きです。

吹き始めの1音目も神聖な気持ちで大切に音を出してあげられるといいですね♪